KANEYA C
.,LTD.
Now Loading...

SEARCHBOX

CATEGORY

  • エルフシステム

  • グッズ

  • システム

  • スリットポット

  • ダイマック

    「DYMAK」は北欧デンマークに本社を置き、Trend Analyst(ドレンドを分析する専門家)を採用し、数年先の流行カラーやデザインを採用し、皆様へ

  • トレー

  • ニュースレター

  • プラスチック鉢

  • やみつきトマト

  • 用土・肥料

  • 種苗

  • 農薬

肌に刺すような夏の日差しが柔らかに。北海道で追加導入を頂きました!

投稿日:2019年7月29日

ポリティブフィルム”導入事例!人にも植物にも優しく補光。

地域:北海道伊達市

生産者様:O園芸様

生産品目:キク(切花)

―経緯―

昨年モニターとして40mハウス1棟をポリティブフィルムにて展張し、非常に良いとのご判断で今年もう1棟の張替えを上部、サイドともに行いました!

他社透明フィルムとポリティブは隣り合わせのハウスで共に6月に新品を展張し比較。

 

―ご使用の感想―

「既存使用の他社透明フィルムと比べてポリティブ梨地フィルムはハウス内の温度も急激に上がらず作業する人、植物にも優しいフィルム。」

「既存使用の他社透明フィルムと違い強い日差しの日でもポリティブ梨地フィルムはハウス内で和らいだ光になりジリジリくる強いものではなく、肌に刺すような刺激を感じる事もない。」

「また光量が心配ではあったが、透明フィルムと比べても昨年から生育に差は出ていない。」

 

―光量と温度―

計測日:7月27日 午前10時

天候:雨天後の曇天

 

外気環境          外気温 23℃  光量 13,000Lux

ポリティブ梨地 ハウス内温度 28℃  光量 10,000Lux

他社透明    ハウス内温度 29℃  光量 10,700Lux

 

光もさほど違いなし、温度は約1℃の差です。

計測温度以上に体感的には透明フィルムに入ったあとに、ポリティブハウスに移動するとかなり涼しく感じられた。

 

温室フィルムのダイアモンド15
ダイアモンド15技術とは、光合成に必要な波長を最大限効率よく透過できるフィルム加技工術です。本フィルムは水滴が植物に落ちることを防ぐために防滴剤を添加し発生源を抑制します。また、温室に霧を防止する防霧剤もほどこしています。

この記事を書いた人

三浦篤
投稿者名
三浦篤
担  当
フローリスト社 
所  属
北海道営業所
担当者から一言
兼弥産業の三浦です。フローリストを担当しております。フローリスト社は、ガーベラに特化したメーカーで切花品種の多くを育種している事もあり鉢物品種においても花色を含めた品種数も他社を圧倒する多さになっています。是非一度、お試しください。フローリストのことでしたら、三浦までよろしくお願いします。

関連する記事