KANEYA C
.,LTD.
Now Loading...

SEARCHBOX

CATEGORY

  • エルフシステム

  • グッズ

  • システム

  • スリットポット

  • ダイマック

    「DYMAK」は北欧デンマークに本社を置き、Trend Analyst(ドレンドを分析する専門家)を採用し、数年先の流行カラーやデザインを採用し、皆様へ

  • トレー

  • ニュースレター

  • プラスチック鉢

  • やみつきトマト

  • 用土・肥料

  • 種苗

  • 農薬

投稿日:2018年12月2日

この記事は2018年12月2日に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

秋のイベント大特集(九州日観 トレードフェア)

 

観葉、多肉ブームの波

『エコ』で挑む 秋の九州日観トレードフェア

 

10月20日土曜日に、福岡県筑紫野市にある九州日観植物取引所で行われた、『第20回九州日観トレードフェア2018秋』に参加してまいりました。台風の影響でやむなく延期となり、振替の開催でしたが、総参加企業数は100社にものぼり、早朝からたくさんのお客さまにご来場いただきました。

 

 

 

傾向としては、昨今のボタニカルブームにより、花の出展より観葉や多肉の出展が多く、植木の展示も増加しているように見受けられました。

今回、弊社ブースのコンセプトは『エコ』。胡蝶蘭向けプラ鉢のFP、PP。木材プラ入りの、ナチュラルな風合いの大和、THE POT。生分解されるプラ素材でできた、SP(スリット鉢)の展示を中心に行いました。

 

 

 

生産者さまからは、THE POTに興味を持たれる方が多く、花屋さんからはDYMAKが人気でした。新商品の予約注文もいただきました。

 

 

 

来年開催予定のトレードフェア(2019年2月16日土曜日予定)も参加予定です。商品を実際に手に取りご覧いただけますので、ぜひ近郊にお住いの方はKANEYAのブースにお越しくださいませ。

 

この記事を書いた人

鈴木敬太
投稿者名
鈴木敬太
担  当
所  属
九州営業所

関連する記事